【流氷ドラフト レビュー】青色のビールは美味しいの?|網走ビール

どうも、へびぱん(@hebipan)です。

映えまくるブルーのクラフトビール、網走ビールの流氷ドラフトを紹介します。

網走ビール流氷ドラフトDRAFTグラス
目次

レビュー 【流氷ドラフト】

網走ビール流氷ドラフトDRAFTラベル
名前流氷DRAFT
メーカー網走ビール
スタイル
アルコール度数 5%
容量350ml
希望小売価格
実売価格¥350 – 400
苦味
香り
濃厚さ
スッキリ感★★★★
入手しやすさ★★★★
★は5段階です

この青色のビールを飲んでみたかった!

食欲減退色といわれている青色なので、確かに実際に注いでその青いビールを見ると美味しそうには見えないかも(笑)

この青色はクチナシ色素です。

さっそく飲んでみると、ビールとしてはちょっと薄いような?

香りもなんともいえない香りです。

缶に書いてあるような柑橘系ではなく、温泉の硫黄のような香りがします。

私は流氷ドラフトはちょっと苦手かも。

苦味はほぼないので、飲みやすいのは飲みやすいです。

だからといってピルスナーのように喉ごしでグビグビいける感じではないです。

これはオフフレーバーの可能性が高いですね。

オフフレーバーは通常の製品とは異なるものに品質がなってしまったものです。

網走ビール流氷ドラフトDRAFT瓶

ビンの流氷ドラフトも一緒に購入していたので、こちらもすぐに試してみました。

硫黄のような香りはしなかったのですが、逆に香り自体がほとんどありません。

すごくシンプルすぎて気づいたことがあります。

クチナシが入ってるから発泡酒かと思っていましたが、麦芽の比率がかなり低いですね。

それで炭酸も弱めで、ビールらしさがあんまりないのかもしれません。

クラフトビールでは麦芽の使用割合がビールとしての条件をクリアしているけど、ビールとしての条件に適合していない副原料が入ってることによって発泡酒となってるものがよくあります。

流氷ドラフトは麦芽比率が25%未満とあるので、麦芽比率が低くて発泡酒になります。

この理由からビールらしさがあんまりないように感じます。

参考:国税庁

ツイッター 口コミ

公式サイトより

網走ビール流氷ドラフトDRAFT公式写真
網走ビール流氷ドラフトDRAFTテイスティングノート

引用:公式サイト

最新情報は公式サイトより確認してください。

まとめ 【流氷ドラフト】

私にはちょっと合いませんでしたが、ツイッターの口コミを見ると評判良さそうです。

青色のビールというだけで話題性があって1度は飲んでみたくなりますよね。

私は公式サイトから購入しましたが、最近近所の酒屋やコンビニで置いてあるのを見かけます。

網走ビールの営業さんが頑張ってるのかなと思います。

ぜひ見掛けたら飲んでみてください。

どうも、へびぱん(@hebipan)でした。

関連 : 【網走ビール まとめ記事】

【流氷ドラフト】

【知床ドラフト】

【桜桃の雫】

【ABASHIRI プレミアムビール】

【監極の黒】

【ABASHIRIホワイトエール】

【ABASHIRIゴールデンエール】

【ABASHIRIアルチザンエール】

【オホーツク流氷塩レモンサワーの素】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる