【悪魔のビールアメリカンブラックエール】苦味とフルーティーさが後引く美味しさ|黄桜

どうも、へびぱんです。

黄桜さんの悪魔のビールシリーズの悪魔のビールアメリカンブラックエールを紹介します。

この記事で得られること
  • ブラックエールとはどんなスタイル?
  • やっぱり悪魔と名前の付くビールがどんなものか気になりますよね。
  • 黄桜さんが作ってる悪魔のビールシリーズです。レッドもあります。
悪魔のビールブラックグラス
色はかなり黒いですが一応透明です。ギネスほどの真っ黒ではないです。
目次

レビュー 【悪魔のビールアメリカンブラックエール】

悪魔のビールブラックラベル
名前悪魔のビールアメリカンブラックエール
メーカー黄桜
スタイルブラックエール
アルコール度数 5%
容量330ml
希望小売価格¥297
実売価格¥297 前後
苦味★★★★
濃厚さ★★
香り★★★★
スッキリ感★★★★
入手しやすさ★★★
★は5段階です

悪魔のビールアメリカンブラックエールは2021/09に発売した新商品です。

悪魔のビールはもう1つ赤色のレッドセッションIPAがあります。

缶を開けて注いでみるとかなり黒色がかったビールがでてきました。

スタウトとかみたいな真っ黒なビールではなく、ある程度黒くて多少透き通ってる色です。

そして香りを嗅いでもこれはスタウトとは違うなって分かりました。

というかシトラホップの香りでした。

そして飲んでみると、あれこれはシトラホップ強めのエールビールだなとなりました。

そして10日前くらいに悪魔のビールのレッドセッションIPAを飲んでいますが、味も香りもすごく似てないか?となりました。

実は悪魔のビールのレッドセッションIPAを飲んだ時には、ラッキーカウに似ているなとちょっと思ってました。

ラッキーカウだけちょっとシトラホップの感じが他に比べて弱めだけど、系統としては似ているように感じます。

たまたま黄桜さんの似ている系統のビールを立て続けに飲んでしまったのか、それとも私の舌と記憶がバカになっているのかどうなんでしょうか。

ビールとしてはシトラホップの効いたトロピカルな香りとほどよい苦味があります。

レッドと違ってブラックの方が少し後をひく感じで口の中にフルーティーな感じが少し残ります。

黒ビールらしいローストされた香ばしい感じなんかは全く感じませんでした。

ツイッター 口コミ

うんうん、名前から気になる。

ようよく飲み比べしている方を発見しました。

ブラックエールというスタイルを知らなくて、この方のツイートで調べてみました。
スタウトみたいな黒ビールと言われるものを、そこまで黒ビールらしさを出さずに通常のペールエールなどに近いようなビールみたいです。

公式サイトより

悪魔のビール公式
悪魔のビールブラックテイスティングノート
悪魔のビールブラック説明
悪魔のビールブラック細かな説明

引用:公式サイト

まとめ 【悪魔のビールアメリカンブラックエール】

どうしてもこの1か月間くらいに飲んだ黄桜さんの3種のビールが同じように感じてしまったので、次回は飲み比べをしないといけないですね。

悪魔のビールのレッドとブラックを見つけたら両方買ってきます。

黄桜さんのビールレビュー >>> ラッキーカウ / 悪魔のビールレッドセッションIPA

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる