【アンカーリバティーエール】重めで苦みもガツンとしたペールエールビール

どうも、へびぱんです。

今回は古くからあるアンカーリバティエールを紹介します。

この記事で得られること
  • アンカーリバティエールは最近のペールエールとはちょっと違うビール
  • 純粋にビールの苦みが好きな人には、はまると思う。
  • サッポロが販売しているので比較的入手できます。
アンカーリバティーエール グラス
目次

レビュー 【アンカーリバティーエール】

アンカーリバティーエール
名前アンカー リバティーエール
メーカー 販売 サッポロ / 産地 アメリカ
スタイルエールビール
アルコール度数 6%
容量355ml
希望小売価格
実売価格¥350~400 前後
苦味★★★★
濃厚さ★★★★★
スッキリ感★★
入手しやすさ★★★
★は5段階です

アンカーリバティーエールはクラフトビールという呼び名がないときから日本で購入できていたビールと記憶しています。

随分前に何度か飲んだことがあります。

濃くて重くて苦いどっしりとしたビールです。

苦みがとても強いわけではないのですが、苦く感じやすいと思います。

柑橘系の感じがうっすらと後味でしますが、複雑さはなく分かりやすいビールです。

最近のクラフトビールの華やかさなどからはちょっと離れた位置にあるビールです。

昔よく飲んだエールビールということでバスペールエールというビールがあったのですが、知らない間に日本では何年も前に終売になってるんですね。

バスペールエールの方が今の日本で作られているクラフトビールに近い柑橘系や爽やかなイメージがありました。

それでも現在の日本のクラフトビールは種類もたくさんあるし特徴が強いので、昔から変わらないエールビールを飲むと少し違うように感じてしまいますね。

アンカーリバティーエールやバスペールエールは懐かしい味がします。

ツイッター 口コミ

苦みしっかりが好きな人にはたまらないですよね。

そうそう最近のエールぽくないですよね。
ラガーの苦みをさらに増した感じかな?

苦みが強い!
苦み嫌いな人はあまり飲めないと思う。

けっこう重みがあるビールだけど、スッキリ感というのがつわものですね。

公式サイトより

アンカーリバティーエール公式
アンカーリバティーエール成分表

引用:サッポロ公式サイトアンカーブランドサイト

まとめ 【アンカーリバティーエール】

アンカーリバティーエールを飲んでとても懐かしくなりました。

他の方のレビューなどではフルーティーという言葉を見ますが、私は日本のクラフトビールの方がとてもフルーティーだと思います。

例えばよなよなエールなんかですね。

昔ながらの重厚な感じと苦みを味わいたいときにふいにアンカーリバティーエールが飲みたくなりそうです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる