【ボウモア12年】海や磯の香りのアイラピートのウイスキー|正露丸、薬品、ヨード

どうも、へびぱんです。

ウイスキー好きなら一度は飲んだことのあるボウモアです。

ここにたどり着いたということはアイラピートにチャレンジしようかと考えてるかなと思います。

それではボウモア12年を紹介します。

ボウモアグラス
目次

レビュー 【ボウモア12年】

ボウモアラベル
ハーフボトルです。
名前ボウモア12年
メーカーサントリー
種類 原料シングルモルト
種類 ウイスキースコッチ
生産地スコットランドアイラ島 ボウモア蒸留所
アルコール度数 40%
容量700ml
希望小売価格¥4,840
実売価格¥3,500 前後
甘さ
ピート&スモーキー ★★★★★
スパイシー
複雑さ★★★
スッキリシンプル★★★
入手しやすさ★★★★★
★は5段階です

アイラの女王と呼ばれるボウモアです。

先ずは飲んだことのない人は知識として知っておいた方がよいのは、ウイスキーの中には薬品のような味がするものがあるということ。

そしてボウモアがまさにそれです。

知らずに飲むと薬品入りの変なものと思ってもいけないので。

でも慣れてしまうとどこが薬品の味なのか分からなくなってしまいます。

私も最初は全く飲めずに残してしまいましたが、今では大好きです。

薬品のようなヨード香、正露丸などと言われるのがアイラピートです。

これからアイラピートを試してみたいという方は、

ジョニーウォーカーブラック < ボウモア12年 < ラフロイグ

ジョニーウォーカーブラックは、ブレンデッドウイスキーでアイラピートのウイスキーが入っているので少し潮の香りがします。

ミニボトルも売ってるので試しやすいのもあります。

ボウモアになると完全にアイラピートなのでしっかり潮の香りがします。

いけると思う方はボウモアから試してみてはどうでしょう?

こちらもハーフボトルがあるので試しやすいです。

ラフロイグになるともうちょっときつめに潮の香りがします。

私は慣れてしまったので薬品とか正露丸とかもう全くそんな感覚はありません。

どちらかというとかつお節のような旨味みたいなものまで感じでめちゃくちゃ美味しくて癖になります。

さらにアイラピートがきつそうなのがアードベッグかと思います。

飲み方はハイボールが多いと思いますが、下の口コミを見るとストレートで飲んでる方もたくさんいます。

私も基本はハイボールですが、ストレートでも飲みます。

ラフロイグのときにも書きましたが、アイラピートは飲み方によって変化があまりないです。

どの飲み方でもしっかりとアイラピートを感じられます。

ボウモアを生ガキにかける食べ方があります。

アイラピートは海の物と相性が良いです。

私は味付け海苔をよくおつまみにしています。

買いやすいハーフボトルもあります。

ツイッター 口コミ

ボウモアで検索するとツイートが多すぎる・・・大変でした。
さすがに誰もが知ってるアイラピートのウイスキーといったところでしょうか。

公式サイトより

ボウモア説明
ボウモア公式

引用:公式サイト

まとめ 【ボウモア12年】

ラフロイグを愛飲しているのでボウモアだと若干物足りなさも感じますが、やっぱり美味しいです。

慣れてしまえばたまらなく美味しくて癖になるので一度はチャレンジすることをおすすめします。

そしてどうしても合わないということならアイラピートのウイスキーをやめておけばいいだけです。

味覚の幅が広がるといいですね。

関連:アイラピート

ラフロイグ ・ ジョニーウォーカーブラック

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる