【デュワーズ カリビアンスムース8年】限定数量のラムカスクフィニッシュのウイスキー

どうも、へびぱんです。

ラム樽でフィニッシュされた珍しいデュワーズカリビアンスムース8年を紹介します。

デュワーズカリビアンスムース8年グラス
目次

レビュー 【デュワーズ カリビアンスムース8年】

デュワーズカリビアンスムース8年ラベル
名前デュワーズカリビアンスムース8年
メーカーバカルディジャパン
種類 原料ブレンデッドウイスキー
種類 ウイスキースコッチウイスキー
生産地スコットランド
アルコール度数 40%
容量700ml
希望小売価格
実売価格¥2,000 ~ ¥3,000 くらい
甘さ★★★
ピート&スモーキー
複雑さ★★★
スッキリシンプル★★★
入手しやすさ★★★
★は5段階です

きれいな水色のパッケージやボトルがウイスキーにはあまりない配色なので目立ちます。

最初はストレートでいただきました。

確かによく言われている黒糖のような甘みを感じる。

これがラム樽の特徴ということですね。

これだけで私が所有しているストレート要員のウイスキーとは違った味わいで面白いです。

ただアルコール感はわりとあるので、ピリピリとしてきます。

ピリピリが好きな方には良いですが、私は引っ掛かりがあるよりはスムースに飲みたい派です。

アルコール感は開栓してから少し時間経過すると落ち着くことも多いのでさらに追記します。

(2021/12/19 追記)

開栓して数日後にストレートで飲んでみたらアルコール感はなくなりました。

次にハイボールで飲んでみました。

一番の印象はスーッとした清涼感のある風味のあるハイボールとなりました。

これはすごく好きな感じです。

どこからこの清涼感がでてきたのか不思議なのと、黒糖っぽい甘さがどこかにいってしまいました。

すごく飲みやすいハイボールとなったけど、甘さが死んでしまったようには思います。

次はロックでもいただいてみました。

アルコールのピリピリがなくなって飲みやすくなりました。

でもロックでも甘みが消えてしまいました。

ビターな苦味が強くでてきたので、これはこれで美味しい。

そしてどこに分岐点があるのか分かりませんが、冷えて薄まってきた途中から甘みが復活しました。

私は黒糖の甘味を感じるストレートで飲むのがメインで、清涼感を感じたいときにはハイボールでいただきます。

ツイッター 口コミ

公式サイトより

デュワーズカリビアンスムース8年 公式
デュワーズカリビアンスムース8年 説明

引用:公式サイト

まとめ 【デュワーズ カリビアンスムース8年】

グレンリベットのカリビアンリザーブが発売と同時にツイッターの口コミで話題になったけど、数量限定で気づいたときには買えませんでした。

同じラム樽のデュワーズカリビアンスムース8年が売ってたので買ってみました。

こちらも数量限定となっているのでそんなには市場に出回ってないかもしれません。

デュワーズカリビアンスムース8年は¥3,000以下くらいでゲットできるウイスキーで飲み方によっていろんな表情を見せるのでお得なのかなーと思います。

ラムカスクフィニッシュのウイスキー自体がそんなに種類がないのもレアですね。

関連: ホワイトラベル ・ デュワーズ12年 ・ カリビアンスムース

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる