【常陸野ネストビールホワイトエール】優しい飲みやすいクラフトビール|木内酒造

どうも、へびぱんです。

常陸野ネストビールの定番商品のホワイトエールを紹介します。

常陸野ネストビールホワイトエールグラス
目次

レビュー 【常陸野ネストビールホワイトエール】

常陸野ネストビールホワイトエールラベル
値引きシールは気になさらず。
名前常陸野ネストビールホワイトエール
メーカー常陸野ネストビール
スタイルベルジャンホワイトエール
アルコール度数 5.5%
容量350ml
希望小売価格
実売価格¥400 前後
苦味
香り★★
濃厚さ★★
スッキリ感★★★★
入手しやすさ★★
★は5段階です

常陸野ネストビールホワイトエールはどちらかというと白ビールらしさを抑えた飲みやすいタイプの白ビールです。

白ビール特有のえぐみみたいなものもなく、スルスルと飲めてしまいます。

苦味もほとんどありません。

数日前に飲んだラガーの方は心地良い香りが出ていましたが、ホワイトエールの方は香りも控えめです。

冷蔵庫でキンキンに冷えた状態からだったので、少し温度が上がるまで待ってみました。

やはり温度が上がってくると香りが立ってきますので、グラスに水滴が付かないくらいの温度が飲み頃です。

定番のオレンジピールとコリアンダーに加えて、ナツメグが入ってます。

私は特にスパイスを感じることはなかったですが、口コミではスパイシーを感じてる方もいます。

ナツメグは胃を正常にする効果があるみたいですが、そういったところを狙ってるのかもしれません。

総評としては、特徴の強いビールが苦手な方におすすめで、日常的に飽きのこないクラフトビールとなっています。

各社から白ビールは必ずといっていいほど定番ビールとして商品化されているので、今までもいくつかの白ビールを飲んできました。

そして白ビールはなかなか特徴が出しにくいので他社と差別化をして作るのも難しいのかなと感じます。

パソコンの方は右上の方にあるタグで、スマホの方は下の方にあるタグで、「白ビール」を押してもらえると記事が出てきます。

京都醸造のように別のスタイルとしているけど、上手に小麦麦芽を使っているクラフトビールもあります。

ツイッター 口コミ

白ビールなので飲みやすさを書かれてる口コミが多かったです。

公式サイトより

常陸野ネストビールホワイトエール
常陸野ネストビールホワイトエール説明

飲みごろは6~9℃とありますね。

もうちょっと高い温度かと思いました。

引用:公式サイト

まとめ 【常陸野ネストビールホワイトエール】

常陸野ネストビールホワイトエール は白ビール中でもかなり飲みやすいものです。

白ということからカルピスソーダぐらいのイメージです。

カルピスソーダの方が炭酸が強くてスルスルとは飲めないので、それよりも飲みやすいです。

あくまでイメージです。

軽めのクラフトビールで苦いビールを克服したいなんて方にもおすすめです。

関連:常陸野ネストビール

常陸野ネストビールラガー

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる