【イチローズモルトMWRミズナラウッドリザーブ】リーフシリーズ|定価で購入

どうも、へびぱんです。

なかなか定価で入手するのが困難なイチローズモルトMWRミズナラウッドリザーブを定価でゲットしました。

この記事で得られること
  • どうやって定価でゲットしたの?
  • 期待の味は?ストレートを中心に何度も飲んでみました。
イチローズモルトミズナラウッドリザーブ
目次

レビュー 【イチローズモルトMWRミズナラウッドリザーブ】

イチローズモルトミズナラウッドリザーブ ラベル
名前イチローズモルトMWR
メーカーイチローズモルト
種類 原料ブレンデッドウイスキー
種類 ウイスキー国産ウイスキー
生産地秩父蒸留所
アルコール度数 46%
容量700ml
希望小売価格¥6,600
実売価格¥15,000 前後
甘さ★★★★
ピート&スモーキー
スパイシー
複雑さ★★★★
スッキリシンプル★★★
入手しやすさ★★
★は5段階です

今回のイチローズモルトMWRミズナラウッドリザーブはツイッターの抽選企画で当選して定価でゲットしました。

ありがとうございました。

ツイッターでウイスキー関連の方をフォローしているとこういったお店の抽選ツイートをよく見るので、応募するようにしています。

今回は購入してから記事を書くまでにめちゃくちゃ飲みました。

結果からいくと定価ならゲットしても良いけど、プレミア価格を出してまで買うほどでもないかなという印象でした。

こればかりは人それぞれなのでご了承ください。

値段と評判があったのでいろんな飲み方をしたりしてみましたがこれぞと突出するところは見つけれませんでした。

基本的にストレートで飲んだのが一番美味しかったです。

適度な甘さがあってくせもなくすんなりとのどを通っていきます。

ミズナラ樽で言われる白檀みたいなお香の感じも感じられました。

でも自分の頭の中のウイスキーの記憶から、シーガスリーバルのミズナラ12年とよく似ていました。

アルコール度数がイチローズモルトMWRが46%で、シーバスリーガルは40%なので、ボディや甘い香りの強さなどはイチローズモルトMWRの方が良くて美味しく飲んでいて楽しいです。

今も目の前にストレートで香りをかぎながら書いています。

個人的にはイチローズモルトのホワイトラベルが大好きなのでそこからの期待値も高かったです。

ツイッター 口コミ

ふるさと納税でもらえるの?!
これは私もやりたいな。
本当にあったけど、品切れだった。リーフ
でもホワイトラベルならあったよ。ホワイトラベル

後ろに見えてる宮城峡が私と趣味が似てるなーと思った。

イチローズモルトのミズナラを調べていると、アマハガンのミズナラがライバルのように出てきますね。
アマハガン飲んだことないけど、定価でちょくちょく見掛けるんですよね。

初めてストレートでイチローズモルトのMWRを飲んだ時、自分の頭にある記憶からシーバスリーガルのミズナラウッドが出てきました。
似てるように思います。

まとめ 【イチローズモルトMWRミズナラウッドリザーブ】

希望小売価格の¥6,600でもなかなか手が出ないですが、入手困難でプレミア価格で¥15,000くらいします。

イチローズモルトが好きなら一度は飲んでみたいリーフシリーズですよね。

ミズナラウッドリザーブは私にはあまり合いませんでしたが、口コミなども見てもらえれば大好きな方もたくさんいます。

こればかりは個人の味覚、時が経つとその味覚も変わる、同じ商品でもボトルごとの品質差、保管状況などによっていろいろと変わります。

次は別のリーフシリーズを希望小売価格でゲットして飲んでみたいです!

個人的にはブレンデッドなのにホワイトラベル特有の味があり、値段も希望小売価格で購入できる私のストレートのレギュラー銘柄に入っている一品です。おすすめです >>> イチローズモルトホワイトラベル

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる