【ジョニーウォーカーダブルブラック レビュー】甘くてスモーキーなウイスキー

どうも、へびぱん(@hebipan)です。

お手頃な価格帯で本格的なスモーキーを楽しめる、ジョニーウォーカーダブルブラックを紹介します。

定番商品なら、ジョニ黒がおすすめです。

ジョニーウォーカーダブルブラック ジョニ黒ストレート
目次

【ジョニーウォーカーダブルブラック】レビュー

ジョニーウォーカーダブルブラック ジョニ黒ラベル
名前ジョニーウォーカー ダブルブラック
メーカーディアジオ 輸入:キリン
種類 原料ブレンデッドウイスキー
種類 ウイスキースコッチウイスキー
生産地スコットランド
アルコール度数 40%
容量700ml
希望小売価格
実売価格¥3,000 弱
甘さ★★
香り★★★★
ピート&スモーキー ★★★★
複雑さ★★★★
スッキリシンプル
入手しやすさ★★★★
★は5段階です

ストレート

先にハイボールで何杯か飲んでみたときは感じなかったけど、ストレートでの第一印象はラガヴーリン16年に近い構成の原酒が多めに入ってないかな?という感じです。

特に香りの面での潮っぽい海の要素です。

ウイスキーの色もけっこう濃いめで似てるところがあります。

ただ明確に違うところは、ダブルブラックは甘さもしっかりとあります。

甘スモーキーという表現があってると思います。

年数表記がないので若い原酒も多いはずですが、開栓直後からアルコール感をほとんど感じません。

ストレートで飲みやすいです。

他に特徴として、余韻が長くてスモーキーさが口の中で続きます。

寝る前だったので直後に水を飲んで歯磨きをしたけど、それでも口の奥に余韻が残ってるくらいです。

グレーンウイスキーも入ったブレンデッドウイスキーのはずなのに、特徴が出過ぎていてモルトウイスキーのように感じてしまいます。

ジョニーウォーカーダブルブラックはしっかりと堪能しようと思うとストレートがおすすめです。

スモーキーが苦手な方はかなり強烈なので飲めないと思います。

ハイボール

ハイボールでも何度も飲んでみました。

特徴となる海の潮っぽい要素がちゃんと味わえる個性的なハイボールになります。

ストレートの方が甘さやいろんな複雑なものを感じることができるけど、ハイボールで爽やかに味わうのもアリだと思います。

ツイッター 口コミ

ずっとジョニ黒ダブルブラックは気になってたけど、Yotoさんが動画でストレートで飲んでうまいと言ってるのを見て購入しました。
Yotoさんほどの人が初めて飲んだと言っていたので、ジョニ黒ダブルブラックはあまり目立ってないけど美味しいウイスキーなのかもしれません。

公式サイトより

ジョニーウォーカーダブルブラック ジョニ黒公式
ジョニーウォーカーダブルブラック ジョニ黒テイスティングノート
ジョニーウォーカーダブルブラック ジョニ黒ストーリー

引用:公式サイト

最新情報は公式サイトより確認してください。

【ジョニーウォーカーダブルブラック】に関連する記事

ダブルブラックはスモーキーなウイスキーが多く使われていますが、通常よく売っているジョニ黒と呼ばれる

【ジョニーウォーカーブラックラベル12年】も好きです。

もう少しスモーキーが抑えめで、ハイボールで飲むのがおすすめです。

ジョニーウォーカーのキーモルトである、

【ラガヴーリン16年】がおすすめです。

スモーキーなアイラの大好きなウイスキーです。

【ジョニーウォーカーダブルブラック】まとめ

スモーキーなウイスキーのストレート用に常飲ボトルとしておすすめしたいです。

特にラガヴーリン16年が高騰して手に入りにくくなっているので、その代替品として良いです。

値段も2千円代で購入できてわりとお手頃です。

ジョニーウォーカーブラックラベル12年よりも少し値段が高いので、なんとなくダブルブラックの方が上位互換なイメージがありましたが、全くの別物ですね。

年数表記がないのでダブルブラックの方は熟成年数が12年未満のものを使われていると思われます。

ブラックラベル12年も気に入ってハイボールでよく飲んでるけど、ダブルブラックも気に入ってこちらはストレートで飲むことにします。

どうも、へびぱん(@hebipan)でした。

あわせて読みたい
【ジョニーウォーカー まとめ記事】世界一売れているスコッチウイスキー どうも、へびぱん(@hebipan)です。 世界一売れているスコッチウイスキーがジョニーウォーカーになります。 ディアジオア社が所有する有名ウイスキーがたくさんブレン...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる