【ジョニーウォーカーアイラオリジン】ブラックラベル12年のアイラ原酒だけの構成|スモーキー,ピート,正露丸,ヨード

どうも、へびぱんです。

発売日に仕事中からワクワクしていて、すぐに酒屋に買いに行きました。

ジョニーウォーカーブラックラベル12年アイラオリジンを紹介します。

ジョニーウォーカーアイラオリジングラス
目次

レビュー 【ジョニーウォーカーアイラオリジン】

ジョニーウォーカーアイラオリジンラベル
名前ジョニーウォーカーブラックラベル12年 アイラオリジン
メーカーキリン
種類 原料ブレンデッドモルトウイスキー
種類 ウイスキースコッチ
生産地スコットランドアイラ島
アルコール度数 42%
容量700ml
希望小売価格
実売価格¥3,300 前後
甘さ
ピート&スモーキー ★★★★★
スパイシー
複雑さ★★★★
スッキリシンプル★★★
入手しやすさ★★★★
★は5段階です

第一印象は海の香りが強い。

最近、ラフロイグボウモアジョニ黒とよく飲んでいたので頭の中で比べてみました。

口コミで構成はラガヴーリンとカリラが主体とみんな言ってます。

うんうん、どちらも飲んだことないな。

また買わなきゃいけないウイスキーが増えました。

1杯目はハイボールでいただいて、2杯目はストレートで飲みました。

普段からハイボールで飲んでいるウイスキーと比べると、アイラピートやスモーキーはボウモアとラフロイグの間くらいと感じます。

鼻から入ってくる磯の香りは他のウイスキーよりも強めに感じてこれがかなり心地良いです。

アイラのウイスキーはストレートで飲んだ時とハイボールで飲んだ時の変化が他のウイスキーに比べて少ないです。

それだけベースにある主張が強いウイスキーということなんでしょうね。

ストレートで飲むと奥の方に複雑な他の香りや味がするのは感じ取れます。

この辺りがブレンデッドでカリラやラガヴーリンなどの数種類の原酒の効果なのかもしれません。

値段は今のところプレミア値はあまり付かずに¥3,300前後で買えそうで、在庫もたくさんありました。

スペイサイドオリジンもまだ売っていますし、限定と言いつつも通年で出回るんじゃないでしょうか。

この値段ならライバルはボウモア12年とかになるのかなーと勝手に思っています。

通常のジョニーウォーカーブラックラベル12年でピートやスモーキーに少し物足りなさを感じたら、少し値段は上がるけどアイラオリジンを試してみるといいですね。

ツイッター 口コミ

発売日ということでたくさんのツイートがあり、みなさんと一緒に飲んでいる感覚になり楽しかった。
リモートツイート飲み会ですね。

公式サイトより

ジョニーウォーカーアイラオリジンリリース説明

「アイラ」地方のモルトだけをぜいたくに、と書いてありますね。

ジョニーウォーカーアイラオリジン商品説明

引用:公式サイト

まとめ 【ジョニーウォーカーアイラオリジン】

楽しみにしていたので発売日に酒屋に行って購入してレビューしてみました。

ジョニーウォーカーの中でもアイラピートとスモーキーを強めた商品という位置づけで間違いないですね。

発売日に飲めたので、その後にみなさんのたくさんの口コミを見るのが楽しかったです。

そこでカリラとラガヴーリンが主体となってるであろうということを知ったので、まだ飲んだことない私としては興味がわきました。

関連:アイラピート

ジョニーウォーカーブラック ・ ラフロイグ ・ ボウモア

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる