【黄桜LUCKYCOW】シトラホップのきいたセッションIPA|ラッキーカウ

どうも、へびぱんです。

日本酒で有名な黄桜さんのLUCKYCOWというビールを紹介します。

今年の干支の牛(COW)をモチーフとしています。

この記事で得られること
  • 日本酒で有名な黄桜がビールを作っている。
  • セッションIPAというスタイルはどんなビール。
  • 実は限定でもうおそらく手に入らない。
ラッキーカウ グラス
目次

レビュー 【黄桜LUCKYCOW】

ラッキーカウ
名前LUCKYCOW ラッキーカウ
メーカー黄桜
スタイルセッションIPA
アルコール度数 5%
容量350ml
希望小売価格なし
実売価格¥250 前後
苦味★★★
濃厚さ★★
スッキリ感★★★
入手しやすさ
★は5段階です

黄桜さんと言えばむかし流れてたカッパが出てくるCMを思い出し、日本酒のイメージがありますね。

なんとクラフトビールを1995年から作っています。

25年以上と長いですね。

種類もけっこうたくさんあります。

LUCKYCOWは2020年の年末ごろに発売されて、干支の牛のビールなので正月に飲むために作られたっぽいですね。

地元の酒屋さんで8月に手に入れたので売れ残りでしょう。

値段も安かった気がします。

セッションIPAということでホップの量は抑えめとなってますが、そこはIPAなので苦味はわりときます。

そしてその苦味はシトラホップ由来の苦味です。

強烈なシトラホップ特有の苦味に関しては東京クラフトIPAで書いています。

苦味の後のあとあじはスッキリとしているのでセゾンビールの僕ビール君ビールのような感じです。

入手方法は、もうおそらくどこにも売ってないと思います。

また今年の年末に限定で発売されるのを待ちましょう。

黄桜のLUCKYシリーズのセットが売っています。


ツイッター 口コミ

セッションIPAはIPAよりもホップの量を少なくして苦味やアルコール度数を下げたものですね。

シトラホップの香りはやはり印象的なようです。

この一年前にラッキーマウスというビールがあったみたいです。

インドの青鬼を基準で考えると、苦味は抑えめで飲みやすいです。
苦味の種類も違いますね。

来年はラッキータイガーかな?

最初に苦味のパンチが来て、あとあじは軽いですよね。

軽い感じではなく、私もガッツリと感じました。

公式サイトより

ラッキーカウ 公式

原材料名に『米』とあります。

米???

米の風味までは感じ取れませんでした。

引用:ラッキーカウ公式

まとめ 【黄桜LUCKYCOW】

シトラホップの苦味が好きな方にはたまらないビールです。

苦味がダメな方はやめておきましょう。

黄桜さんなのでどこかに日本酒の風味が現れるかな?

と思ってたけどさすがにそれはありませんでした。


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる