【ポートシャーロット10年】アイラのピートとスモーキーを強く感じるウイスキー

どうも、へびぱんです。

実は福袋のはずれとして入っていたポートシャーロット10年です。

それまでは名前も知りませんでした。

でも飲んでみたらスモーキーなめちゃくちゃ美味しいウイスキーでした。

そんなブルックラディ蒸留所のポートシャーロット10年を紹介します。

ポートシャーロット10年グラス
目次

レビュー 【ポートシャーロット10年】

ポートシャーロット10年ラベル
名前ポートシャーロット10年
メーカーレミーコアントロージャパン
種類 原料シングルモルトウイスキー
種類 ウイスキースコッチウイスキー アイラ
生産地スコットランド ブルックラディ蒸留所
アルコール度数 50%
容量700ml
希望小売価格
実売価格¥6~7,000 前後
甘さ
ピート&スモーキー ★★★
複雑さ★★★
スッキリシンプル★★★
入手しやすさ★★★
★は5段階です

ハイボール

先ずはハイボールでいってみました!

最初の香りでかなりスモーキーなのが分かりましたし、第一印象はラフロイグ10年と同じ感じがする。

なんとなくラフロイグ10年の方が海や潮の風味がもっと強くて、ポートシャーロット10年の方が後引くものが少なくスッキリとしている印象です。

(追記)

きつめのスモーキーが飲みたいときにポートシャーロット10年を飲んでいます。

スモーキーとしてはかなりきつめだと思うけど、他のアイラの特徴のあるスモーキーとは違ってポートシャーロット10年はあっさりとしたスモーキーです。

きつめだけどあっさりしているので飲みやすいと言えば飲みやすいです。

ラガヴーリン16年アードベッグ10年カリラ12年などはそれぞれに特徴があるスモーキーをしています。

ポートシャーロット10年にはそういった特徴があまりなくニュートラルなスモーキーというイメージです。

ロック

いつもハイボールを丸氷で飲んでいて、ハイボールの後の丸氷に注いでロックを楽しむのが私のパターンなんです。

ハイボールのグラスでロックを楽しんだのが運よく、グラス中に臭い香りが充満してたまらない香りです。

好きな人にはこの濃厚な香りが良いけど、ダメな人には相当きつい香りだと思います。

最近は慣れてしまったので敏感に感じ取れなくなってしまいましたが、ヨードや正露丸といった香りも混ざってるはずです。

後から気づいたけど、アルコール度数50%もありますね。

知らずに飲んでると全く分からないくらい飲みやすいです。

ストレート

さすがにアルコール50%のストレートはズシンときますね。

喉が熱くて寒い日には温まります。

でもちょっとアルコールをやわらげるためにレディーボーデンのバニラをペアリングしてみました。

よく合います。

ロックもストレートもスモーキーな香りがきつくてたまらないです。

口に含んで味わうと甘みを感じることもできました。

ツイッター 口コミ

公式サイトより

ポートシャーロット10年公式
ポートシャーロット10年説明1
ポートシャーロット10年説明2
ポートシャーロット10年説明3

引用:公式サイト

まとめ 【ポートシャーロット10年】

ポートシャーロット10年はアイラピートやスモーキーが好きな方にはたまらないウイスキーです。

スモーキーレベルでは少し上の方だと思うので、不慣れな方はいきなりポートシャーロット10年に手を出すのはやめた方がいいです。

ブラックニッカディープブレンドくらいがスモーキー初心者には良いかもしれません。

ポートシャーロット10年はお値段がそれなりにするので常飲ではちょっと難しいけど、大事に楽しみに飲んでいきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる