【パンクIPA】ブリュードッグの顔ともいえるボディの強いクラフトビール

どうも、へびぱんです。

今回はブリュードッグの顔とも言えるパンクIPAをレビューします。

期待通りの華やかな美味しいビールだったので大満足でした。

パンクIPAグラス
目次

レビュー 【ブリュードッグパンクIPA】

パンクIPAラベル
名前PUNKIPA
メーカースコットランド ブリュードッグ
スタイルIPA
アルコール度数 5.6%
容量330ml
希望小売価格
実売価格¥300-400
苦味★★★
香り★★★★
濃厚さ★★
スッキリ感★★★
入手しやすさ★★★
★は5段階です

ブリューワーに勤めている人がこのパンクIPAでビール人生が変わりましたみたいに言ってるのを何度か目にしたことがあります。

どんなすごいビールなのかずっと楽しみにしていました。

スタイルとしてはIPAですが、栓を開けた瞬間からすごい柑橘系の香りがします。

ヘイジーIPAの香りと同等くらいの良い香りです。

トロピカルと言われるようなものと違い柑橘系のグレープフルーツに近い香りです。

でもちょっと今までに体験した香りとは少し違うように感じました。

あっ良い香りということです。

ボディは強めな感じで、例えるならインドの青鬼くらいです。

ただしパンクIPAは苦味が控えめなんですよね。

さらに香りが強いので苦味の感じ方が軽減されます。

そういった面ではやはりヘイジーIPAに近いです。

この素晴らしいビールが10年以上前からあったということなんですね。

それで新たにビール作りを始める方の指標になってたのではないかと想像します。

ブリュードッグとアサヒビールが新会社のブリュードッグジャパンを設立したことが話題になっています。

期待されているのはブリュードッグがスーパーやコンビニで気軽に買えるようになって身近なビールとなることです。

ツイッター 口コミ

まとめ 【ブリュードッグパンクIPA】

香りはヘイジー、苦味は抑えめ、ボディはIPAと良いとこどりなビールです。

私が住んでいる田舎でも探すとたまに酒屋で見つかります。

新会社設立で田舎のスーパーやコンビニでも買えるようになってほしいです。

東京に住んでる方は気軽にいろんな種類のクラフトビールが買えてうらやましいです。

関連:ブリュードッグ

>>> ニューイングランドIPAのヘイジージェーンはトロピカルなビール

>>> デッドポニークラブセッションIPAはシトラホップが多めのセッションIPA

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる