【六甲ビール 熟】瓶内発酵の熟成クラフトビール

どうも、へびぱんです。

飲み頃の温度が20℃前後というかなり変わった六甲ビール熟を紹介します。

神戸六甲ビール熟グラス
かなり濃い濁った茶色をしています。
目次

レビュー 【六甲ビール 熟】

神戸六甲ビール熟ラベル
名前六甲ビール 熟
メーカー六甲ビール
スタイルボトルコンディション
アルコール度数 6.5%
容量330ml
希望小売価格
実売価格¥500 前後
苦味
香り★★★★
濃厚さ★★★
スッキリ感★★
入手しやすさ★★★
★は5段階です

最適な温度が20℃前後ということだったので、仕事に行く前に冷蔵庫からだしておきました。

春の暖かい日だったのでグラスに注いで測定するとちょうど20℃ありました。

香りはビールの発酵した香りです。

かなりの熟成の香りなのでこれは好き嫌いがはっきりと分かれると思います。

ビールが濃厚なので、単独で飲むよりは甘いおつまみが欲しくなります。

私はいつもの森永のカレドショコラとペアリングしていただきました。

濃厚なんだけど、複雑な味わいが出てるわけではなく意外とシンプルです。

まろやかになっているので苦味はほとんど感じません。

ツイッター 口コミ

公式サイトより

神戸六甲ビール熟公式
神戸六甲ビール熟テイスティングノート

引用:公式サイト

最新情報は公式サイトより確認してください。

まとめ 【六甲ビール 熟】

六甲ビールの中でも一番の変わり種のクラフトビールだと思います。

10℃ちょっとくらいを飲み頃とするクラフトビールはいくつかありますが、20℃を飲み頃とするのは初めてです。

私が飲んだのは口コミなどで見たものとはちょっと違った感じでしたが、瓶内発酵なのでそれぞれに飲んだタイミングやその過程で違ったものになるのかもしれません。

ちなみに私はビールが届いてからずっと冷蔵庫で保存してました。

関連 : 六甲ビールまとめページ

セゾン ・ ウエストコーストセッションIPA ・ ヘイジーセッションIPA ・ ホワイトダイダイエール ・ さくらALE ・ BAYALE ・ ブラウンエール ・ ポーター ・ いきがり生 ・ スサノオIPA ・ 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる