【ザ・グレンリベット12年ライセンスドドラム レビュー】甘くてほろ苦いウイスキー

どうも、へびぱん(@hebipan)です。

ザ・グレンリベットのオリジナルストーリーズ”の第2弾、ザ・グレンリベット12年ライセンスドドラムを紹介します。

こちら限定商品になります。

ザグレンリベット12年ライセンスドドラムグラス
目次

レビュー 【ザ・グレンリベット12年ライセンスドドラム】

ザグレンリベット12年ライセンスドドラムラベル
名前ザ・グレンリベット12年 ライセンスドドラム
メーカーペルノリカール
種類 原料シングルモルトウイスキー
種類 ウイスキースコッチウイスキー
生産地スコットランド スペイサイド
アルコール度数 48%
容量700ml
希望小売価格¥7,678
実売価格¥8,000 前後
甘さ★★★★
ピート&スモーキー
複雑さ★★★
スッキリシンプル★★
入手しやすさ★★
★は5段階です

ストレート

甘い香りはバニラのような香りがします。

熟したフルーツも香りに感じられます。

香りに少しスーッとするメントール感もあります。

これを飲んでみると、後味がかなりビターで苦いのがダメだとちょっときついかもしれません。

味わいは苦味にすべてもっていかれてしまいます。

スパイシー、高いアルコール、辛味、なども混ざってより苦く感じてしまうように思います。

それでも口に含んだ瞬間にはとても甘いウイスキーだというのは分かります。

アルコール48%なので少し加水もして飲んでみましたが、ボディが強くてそんなには変わりません。

開栓して数週間くらいの経過なので、数か月したら苦味が減ってくると信じています。

ハイボール

ライセンスドドラムはハイボールで化けます。

ハイボールにすると、苦味がやわらいで甘くてほろ苦くなります。

アルコールも高くてボディも強いのでハイボールにしてもしっかりとライセンスドドラムらしさが残ります。

濃いめに作るとさらに美味しいハイボールになります。

ザグレンリベット12年ライセンスドドラム飲み比べ

通常のグレンリベット12年と飲み比べてみました。

えーっと、分かってはいたけど全くの別物です。

ライセンスドドラムは上で書いた通りかなり特徴的なウイスキーです。

通常グレンリベット12年は多くの人に気に入られるようなフルーティーなウイスキーです。

ツイッター 口コミ

公式サイトより

ザグレンリベット12年ライセンスドドラム公式
ザグレンリベット12年ライセンスドドラムテイスティングノート
ザグレンリベット12年ライセンスドドラム説明
ザグレンリベット12年ライセンスドドラム説明2

引用:公式サイト

最新情報は公式サイトより確認してください。

まとめ 【ザ・グレンリベット12年ライセンスドドラム】

私がウイスキーをストレートで飲むことを好むので、ちょっとストレートでは飲みにくかったのが残念です。

開栓から数か月経過すると苦味やアルコール感はなくなってくることも多いので、また数か月後にストレートで試してみます。

ハイボールとしてはかなり個性的になるのでこちらはとてもおすすめです。

3月初旬に発売で、その時は全く情報を知らなくて買えませんでした。

諦めていたけど、5月のGWにたまたま寄ったリカーマウンテンでゲットできました。

限定商品ですが、最近でも普通にネット通販で販売してますね。

関連 :

【ザ・グレンリベット12年】

【ザ・グレンリベット14年コニャックカスク】

【ザ・グレンリベット12年ライセンスドドラム】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる